音楽

音楽:はっちゃけも耽美もお手の物!「BUCK-TICK」

投稿日:

Pocket

最近「今日は」を打とうとするとまず「京は」が出るんですよね。(Dir en greyの影響)

 

それじゃあですね、Buck-Tickを紹介していきます。

5人組の古参バンドです、30年以上も続いているのにメンバーチェンジが無し、という驚くバンドですね!

 

変幻自在!オススメ曲達!

 とりあえずはBUCK-TICKの代表曲と言ってもいい曲から

1、惡の華

はっちゃけ感満載ですね、発売当時初登場1位を飾った曲です。

そして、こういった曲がそこまで好きじゃない方にもオススメ出来る曲が一杯あります。(ちなみに自分はBUCK-TICKは大人しめの曲の方が好みです)

 

2、ミウ

 

アコギの切なげな音から始まる優しい曲です。

櫻井さん(Vo)の声はこういった曲にとてもよく合いますねぇ~

 

3、ドレス

 

大人の色気が溢れる曲です。たまらんわぁ~~

Abingdon boys school(西川貴教さんVoのバンド)もカバーしています。

そしてそのバンドの演奏に櫻井さんが出演しているLive映像がYoutube(こちら)にございますのでそちらも是非、超カッコいいですぜ…

 

 4、スピード

 

不思議な元気をくれる曲です、落ち込みを吹っ飛ばしてくれるかのようなメロディーです。

次は、この曲だけはどうしても紹介したかった曲です。

 

5、月世界

 

この曲の奇麗さ!他には類を見ません!(曲中の不思議な音色はテルミン、という楽器によって奏でられてます。)

 

本当はまだまだ埋め込みたい動画いっぱいあるんですけどキリが無いのでこれぐらいで

どうですか?お好みの曲はありましたかね?

激しい曲大人しい曲色気のある曲ポップな曲不思議な曲、様々な曲を作り上げているのがBUCK-TICKです。

 

 いつもの通りメンバー紹介といきましょうか!

・BUCK-TICK30年を過ごしてきたメンバー達

全員群馬県出身です、魔境グンマーの精鋭揃いだからこその世界観ですかね...?

・Vo.櫻井敦司(サクライアツシ)

超イケメン、男でも惚れるレベルです。

画像検索していただくと分かると思いますが、これだけの美形なっかなかいません。

ちなみにファンからは眼力の強さから魔王様とか言われてたりもしますよ 笑

 

心地の良い低音に切なげな高音を用いて数多くの楽曲を歌い上げています。

彼にしか出せないダークさでBUCK-TICKを創り上げています。

 

作詞はほとんど手掛けていますが、あまり作曲はしなくて

今井ヒデが曲を持ってこないと詞は書けない。自分はあくまで待つ側の立場。今井とヒデはミュージシャン。俺はバンドマン

wikipediaより

 と語っている。

 

元々ドラムでバンドをしていたが、様々なヴォーカルを見るうちに、自分の方がもっと上手く魅せれると思い、熱烈にヴォーカルへの移行を打診した経緯があります。

 

 櫻井曰くこの一件は「ずっと周りに流されて生きてきた自分が生まれて初めてした自己主張」であり「初めて心の底から湧き上がってきた衝動」だったという。

同じくwikipediaより

 いいですね、こういう渇望、衝動が沸き上がった行動っていうのは。

実際にこうして日本のアーティストの一角を築いていますから大成功です。

 

(ちなみに猫好き&私服のセンスが絶望的な可愛らしい一面もお持ちな模様)

 

T.M.Revolutionの西川貴教とは親しい関係にあり、彼のレギュラー番組にも出演した事あり。

・Gt,今井 寿(イマイヒサシ)

元から独特な雰囲気を持ってる人だなぁ~ぐらいのイメージしかなかったんですが、調べる内にハッキリと印象が決まりました、変人です!

 

独創性が高すぎる作曲の数々、ほとんどを手掛けています。

そしてギターに関しては不協和音やノイジーな音を数多く入れ込み今井さんにしか出来ない世界観を創り上げています。

あくまでギターで変な音を入れ込むことが好きみたいで、他の楽器は滅多につかってません。

 

アルバムを作る度に音楽性が変わるといわれる程様々な種類の曲を作っています…

 

滅茶苦茶バンドの要ですね。

BUCK-TICKの世界観の8割ぐらいは今井さんで出来ていそうなぐらいでした!

 

・Gt,星野英彦(ホシノヒデヒコ)

リズムギターを主に担当しているバンド内の癒し枠

バンド内で唯一と言っていい「普通の人」

 

ステージからずっこけたりメンバーから10年後の姿の想像で「いいジジイ」と言われたりな弄られ枠です。

 

そんな彼の作曲数は少ないものの、上に紹介した「ミウ」等のメロディアスな曲が多く、ファン人気の高い曲を安定して創り上げています。

 

自身の作曲した曲へのこだわりは強く、レコーディングの際にも具体的な要求をしているそうです。

妥協しないからこそのクオリティですね!

(ちなみに今井さんの場合は面白ければそのままGOしちゃうらしいです笑)

 

 ・Ba.樋口豊(ヒグチユタカ)

皆からは「ユータ」と呼ばれている。

ドラムとは兄弟の関係(ユータは弟)

 

BUCK-TICKの櫻井さんと今井さんはぜんっぜん喋らないので(上の動画では「あれで」珍しく滅茶苦茶喋ってます)

もっぱらメディア等への露出は彼ら兄弟が担当しています。

 

今井さんには何故か厳しくダメ出しをされている(嫌われてるとかでは無いですよ)

 

ちなみに大の阪神タイガースファン

 

・Dr.ヤガミトール

唯一芸名での活動をしているメンバー(まぁベースと兄弟なんですけども)

 

櫻井さんがドラムからヴォーカルに移行して出来た枠に弟のユータから引っ張られてきた経緯があります。

 

メンバーが次々髪を立たせる事を辞める中、一人立たせ続ける男、何がそこまで彼を奮い立たせるのか。

きっと彼が髪を降ろしてライブをしたらファンに激震が走る事に....

 

兄弟でリズム隊をしている為か息がピッタリで、コロコロ変わるBUCK-TICKの音楽を支えています。

 

・どれから聴けばいい?

色々曲調の種類ありすぎてわからん!

 

手あたり次第Youtubeで聞いてみて下さい、貴方の気に入る曲が1個ぐらいあると思います。

 

投げやりではありますが独特の更に独特を行く感じなバンドのBuck-Tickでした。

-音楽

Copyright© ゲーム・音楽・なろう小説好きのブログ , 2019 All Rights Reserved.